GWは京都鉄道博物館に行こう!京都駅から歩いて行ける?

ちわ!ニシノです!

ずっと行きたくて行けてなかった京都鉄道博物館へ行ってまいりました。

当方、ものすごく鉄ヲタなわけじゃないけど電車が好き!
ライトな鉄子でございます(しいて言うなら乗り鉄の部類)
京都鉄道博物館は、大人も子どもも楽しめる場所でした!!!

ではご紹介します♪

京都鉄道博物館ってどんなとこ?

梅小路蒸気機関車館に収蔵・展示していた20両の蒸気機関車も含めた53両の車両を収蔵・展示しています。
0系新幹線電車の第1号車や、時速300kmでの営業運転を実現した500系新幹線電車、国鉄最大のC62形蒸気機関車など、歴史的な価値を持つ車両を収蔵しており、鉄道ファンにはたまらんスポットであります!

ここ見て!

梅小路蒸気機関車庫

圧巻です!
扇型の機関車庫にズラリと並ぶ大正〜昭和の蒸気機関車たち…
このゾーンはチビっ子よりパパたちの方が興奮しておったぞよ

SL第2検修庫の階段上から撮ってみました!!↓


デゴイチ!

機関車の運転席にも座れます(不可の機関車もあり)
うれしそうな旦那(もちろん鉄ヲタ)

萌える展示車両

鉄道の歴史、鉄道のしくみと特長、そして車両の魅力たっぷりの本館1F♥

正面からのお顔が特徴的で『ブルドック』と呼ばれていた、くろしお君

期間限定展示・500系とエヴァのコラボ車両500type EVA(期間終了後は通常の500系展示に戻ります)
こちらは触れてはいけない車両につきギリギリまで寄ってます。
500系かっけーーー!

萌えるヘッドマーク

今日いろいろまわってわかったけど、私はヘッドマーク鉄なんじゃないかと!(そんなのあるのか知らんけど)


特にお気に入りはコレ
ス、スカパラファンだとか関係ないからね!←

SLスチーム号に乗ろう!

本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車できる人気の体験展示です。
毎日欠かさずに蒸気機関車を運行しています。
走行距離は往復1km

運転シミュレータ

運転士が実際に訓練で使用するシミュレータをもとにお仕事体験ができます。
他にも、運転時に携帯するかばんや仕事道具の紹介、制服の着用なども。

運転シミュレータの体験には、整理券が必要です。
整理券は抽選方式で配布するとのこと。
そりゃ我が子に体験させてあげたいし殺到しちゃいますよね!

※体験していないので写真なくてすみません

レストラン

お席は250席となかなか広め。
広~い窓からは走ってる電車や新幹線も見れます。
まわりの子どもたちは「あ!サンダーバードや!」「新幹線や!」と大興奮である。
ぜひ窓際の席を確保して堪能してください。

赤富士ナポリタンいただきました。

持ち込みもOKで、もちろんコンビニのお弁当などでも全然かまいません。

1F外には客車の中で食べられる駅弁屋さんなどもありました。

番外編

トイレ

トイレのマーク可愛い・・

そういえばトイレ数はかなり充実してました。
全フロア合わせて8ヶ所。

おみやげ

ここでもヘッドマーク鉄の本領発揮

缶バッジはトワイライトエクスプレスでした!!
可愛い!

鉄道関係の商品が充実してて(当然ですか…w)おみやげ選びも楽しいですよ。

アクセス

JR京都駅から徒歩では約20分かかります。
歩けないこともないけど少し遠いですね。

バスかタクシーをおすすめします。
JR京都駅からバスを利用する場合はこちら↓

京都市バスをご利用の方【B3バスのりば】
205・208系統乗車約10分。「梅小路公園前」下車徒歩約3分。
急行103・急行104・急行110・86・88[*]系統いずれか乗車約10分。
「梅小路公園・京都鉄道博物館前」下車徒歩すぐ。
[*]土休日のみ運行

京阪京都交通バスをご利用の方【C2バスのりば】
2・14・15[*]・26・26B・28A系統いずれか乗車約10分。
「梅小路公園前」下車徒歩約3分。
[*]土休日のみ運行

もしくはお子様連れの場合は車でもいいと思います。
「梅小路公園おもいやり駐車場」(障がい者、高齢者、乳幼児連れのご家族、妊産婦、怪我人、その他歩行困難な方の専用駐車場)が近くにあるので、そちらをご利用くださいませ!

おわりに

大人も子どもも大興奮の京都鉄道博物館
近くには京都水族館もあって、移動も少なく1日楽しめますよ!

京都鉄道博物館公式HP
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

GWはもちろん混み合うこと必至(どこもそうですよね…)ですが、それでも行く価値あり♪
ぜひ京都へおこしやす~(京都府民ではありませんw)

以上、ニシノでした!
ドロンッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください